300万円の借金からの脱出と貯蓄の始まり

貯金・貯蓄・株式のブログ

2014年~2017年借金時代

2014年~2017年ぐらいまでは借金時代でしたね。どうしてこうなってしまったかと言うとスタジオの運営費と照明機材の購入が主だったと思います。あと自動車も壊れてしまって急遽買う必要が出てしまって結果的に300万ほどの借金になってしまいました。

お金が無かった時期が一番撮影をしていました

タイミング的な物でしょうが一番苦しい時期に撮影を沢山していました。あの当時撮影させて頂いた方々本当にありがとうございました。当時は撮影の中で収益性の出る何かを得られるんじゃないかとひたすら撮影をしていました。

改めて思うともう少し金銭的に余裕があれば収益性のある何かを得ることが出来たように思います。しかし、当時は数百円使うのですら躊躇してしまうぐらい本当にお金が無かったのですごく視野が狭かったな。と今だから思いますね。

貯蓄の始まりは実は2014年より早かった

実は貯蓄を始めたのは2014年より以前から少しずつですが行っていました。当時、念仏のように言っていましたがスタジオ移転をしたかったんですね。せめて駅から徒歩圏内の物件に移転したかったんですけど結果的に現在も同じ場所で運営していますが・・・

借金もあるけど貯蓄も少しある

借金もあるけど貯蓄も少しあるという状態でしたが個人的には貯蓄を崩して借金返済をしてしまったら「本末転倒」だという思いから別で考えていましたね。だから貯蓄は維持しつつ借金を減らすように試行錯誤をしました。

スタジオ閉鎖と大幅値下げ

当時はこのまま運営していても私の資金がなくなる一方でしたのでその年の年末ぐらいでスタジオを閉鎖するつもりで価格を1時間1500円にしました。閉鎖する予定だから驚かれるような事がしたくて採算とか考えずに価格を決めたら意外と予約が来て現在まで運営が続いているといった感じです。今でも閉鎖することは片隅に常にありますが・・・

コンテンツ制作を考えていた時期

レンタル価格の大幅な値下げによって採算を合わせる事が現実的に難しくなっていたのでコンテンツを作って販売という所に活路を見出し借金返済後にコンテンツを作ろうと考えていた時期もありました。

当時はフェチ系のコンテンツ制作を視野に色々と考えていました。静止画だけで採算が取れるのか?動画も撮るなら4K60fps画質で製作したいという願望もありました。

その当時ですと「ルミックスGH5S」での撮影が最有力でしたね。これに「スタビライザー」で手振れを補正して照明も静止画と動画では違うので動画用の照明の物色もしていました。

コンテンツに対する不安感

結果的にコンテンツは作らず仕舞いで現在に至っているのですが幾つかの理由として 4K60fpsの高画質よりOculus Goの登場でVRのほうが需要があるのではないか。制作にあたって衣装や機材。被写体の方のギャラなど。色々な点で採算性の難しさを目の辺りにした感じでしょうか。 被写体の方が独自コンテンツを作製・販売している点でも不安を感じましたね。

借金が終わり貯蓄が残った

考えているうちに返済し終わり貯蓄が残った感じですね。現在は貯蓄から株式購入へ移っています。それでもスタジオがあるので上手く利用して収益性を上げたいと常に考えています。

現在、相互無償での撮影の募集もその一環でコンテンツ制作以外でも何か出来る可能性があると信じているので挨拶代わりに一度撮影してみませんか?という感じで募集をかけています。

貯蓄から資産形成へ

こんな感じで悩んで結果的に行動が出来ない。もしくは行動しない自分への後付の言い訳なのかもしれませんがスタジオでの収益性向上ではなく株式で資産形成へシフトしています。資産と言ってもたがが知れている金額ですが大事にしていきます。

株式のことや貯蓄方法などはまた改めて書いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました